半沢直樹。

 

このドラマにはすごくはまりました。

ハマったドラマ

程よいストレスと爽快感があります。

 

(笑) 原作は池井戸潤の「俺たちバブル入行組」、「俺たち花のバブル組」です。

 

池井戸潤は元銀行員とあって、銀行内部での権力闘争等を見てきたのでしょう。

 

ドラマでも細かく描かれています。

 

ドラマの内容は銀行に勤める半沢直樹が銀行の権力闘争、金問題、様々な問題に真っ向勝負を挑み、 見事に解決していくドラマですが、見どころはやはり主人公、半沢直樹を演じる堺雅人さんの 演技力でしょう。

 

堺雅人さん演じる半沢直樹は、一見すると人の良い、優秀な銀行マンに見えますが その裏には復讐心があります。

 

それには悲しい過去が関係しており、ドラマの最後で一つのネジを 握りしめるシーンには何か畏怖すら感じます。

 

それを見事に表現している堺雅人さんは素晴らしい演技力だと思います。

 

もともと、堺雅人は顔が笑っているように見えてしまい、本人もその顔を気にされているようですが、 このドラマでは、そんなの関係ありません。

 

自分の信念を曲げずに、銀行の闇と戦っていく姿は、迫力満点で 見る人を釘付けにする演技力です。

 

特に主人公、半沢直樹がが務める東京中央銀行へ金融庁による金融検査。

 

これはハラハラ感、爽快感と色々な 感情が沸き上がってきます。

 

また、このドラマに出会い自分の人生観も変わりました。

 

正直、自分は集団の組織において周りに話を合わせみんながこうだからこうしようという姿勢であり、 立派な信念なんて持ち合わせていませんでした。

 

しかし、半沢直樹は間違っていることは間違っている、この当たり前のことを相手関係なく言います。

 

当たり前のことができていなかった自分ですが、半沢直樹のドラマを見て少しの勇気をもらいました。

 

話が逸れましたが、このドラマは堺雅人さんだけでなく、脇を固める豪華俳優陣にも注目です。

 

大和田常務を演じる、香川照之さん。

 

この人の演技力(顔芸)には本当に驚愕です。

 

ドラマなのに本当にこの人を憎んでしまいます。

 

それほどまでに香川照之さんの演技力は素晴らしいものがあります。

 

また、このドラマは一つの流行語ができましたね。

 

「やられたらやり返す、倍返しだ」 この特に「倍返し」の部分はドラマが終わっても使っていましたね。

 

ただドラマ内では、倍返しで終わらずに、10倍、100倍とかなりやり返していますが。

 

 

 

そして、倍返しした後に残る何ともいえないラストシーン。

 

必見です。

 

続編を期待しています。

 

投稿日:

Copyright© 好きなドラマについて熱く語るサイト , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.